温泉

「食」
妃の佇むいで湯(ひのたたずむいでゆ)
大和政権・健部の伝説と、宇夜の里に天降る出雲ヒメ神の想いに浸る

日本三美人の湯

松園の湯・湯の川温泉は龍神温泉(和歌山)、川中温泉(群馬)と並ぶ日本三美人の湯のひとつです。
いずれの泉質も弱アルカリ性でナトリウムとカルシウムのイオンを含み、泉温やいろいろな条件から、
お肌がしっとり、すべすべになると言われています。
松園のお風呂は、湯の川温泉の源泉を100%(源泉温度50.5度)使用、加水、加温、循環なしの 「源泉かけ流しの湯」、贅沢な温泉です

出雲大社の祭神である大国主命を慕いはるばる因幡(鳥取県)の國から訪ねてこられた八上姫は
山肌の岩影からこんこんと沸き出るお湯に一浴召されると身も心もボロボロになっていたのが
元の麗しい美人神になってお会いになられた。 この伝承が美人の湯の由来です。

「宇夜都弁」「健の湯」「勾玉の湯」は、中国地方建築協会優秀賞を受賞しています。

健の湯(たけるのゆ)
離れ専用貸し切り半露天風呂

来待(きまち)石、八雲石、玄晶石を使用した男性的な浴室です。
和ろうそくを灯しながらの入浴ができます。
※離れ専用 浴室棟 貸切風呂

勾玉の湯(まがたまのゆ)
離れ専用貸し切り半露天風呂

ピンクとブルーの玉砂利を敷き詰めて洗い出しにし、勾玉を形取った浴槽は女性的なイメージの半露天風呂です。
ろうそく(フロートキャンドル)をうかべて入浴ができます。
※離れ専用 浴室棟 貸切風呂

岩しずくの湯
本館・女湯

壁面はインド砂岩、浴槽・床は御影石。石の湯口には地元陶芸家による古代人の狩猟の絵が線刻されています。
外には露天の坪風呂がございます。
※男女の入れ替えがある場合がございます。

岩室の湯(いわむろのゆ)
本館・男湯

壁面、浴槽、床、湯口は全て錆(さび)御影石を使用し、重厚な感じを醸し出しています。
外には露天の坪風呂がございます。
※男女の入れ替えがある場合がございます。

泉質

源泉名 湯の川温泉
泉質 ナトリウム・カルシウム・硫酸塩・塩化物泉
効能 神経痛、筋肉痛、慢性消化器病、冷え性、疲労回復、慢性皮膚病、慢性婦人病、動脈硬化症、他
全てのお風呂におきまして、湯の川温泉の源泉を100%かけ流し(加水、加温、循環なし)をお楽しみいただけます。