料理

「食」
いにしへ人の宴
季節を告げる食材から生命力を頂き、いにしえの人々と魂寄合う

荒神谷遺跡で弥生時代の青銅器が多数発見されたのをきっかけに、文献などから古代食を再現。
現代人の好みに合うようにアレンジしております。
素材には地元で収穫した黒米や赤米・酥・醍醐・粟・稗・雉・猪など、
調味料には自家製の天然塩・もろみ・橙酢などを使用いたしております。
古代食での食物繊維と蛋白質の絶妙な組み合わせは、
美容と健康に最適なバランスのとれた健康食で、理想的な長寿食といえそうです。

  • main
  • main
  • main

穀類は赤米・黒米・黍(きび)・粟(あわ)・稗(ひえ)、 肉類は猪(いのしし)・雉(きじ)
古代の乳製品「酥(そ)」・「醍醐(だいご)」、
魚介類、山里で採れる食材など、40~50種類の素材を使って調理しております。

弥生の宴
10,800円(2名様より/1日30名様まで) ※ご来館5日前までのご予約制
縄文の舞
11,880円(2名様より/1日30名様まで) ※ご来館5日前までのご予約制
出雲市在住の陶芸家、安食ひろ氏の焼き物を使用しております。

※食事のみの場合のお値段です(税込)

  • main
  • main

秋も深く山が色づきはじめると山陰では蟹の季節が到来します。
お刺身、蒸して、焼いて、酢の物で、ほっこりと蟹チリなどもおすすめです。

春には、のびる、つくし、なずなを摘んでそっと料理に添えましょう。
夏には氷の器にお刺身を盛って涼感を楽しんで・・・。
秋には松風、いちょう南瓜(なんきん)、菊花長芋を海老の黒米寿司に添えてみました。

蓮 12,960円/蘭 10,800円/菊 7,560円

※食事のみの場合のお値段です(税込)

  • main
  • main

吟味した地元の旬の食材とこの地の技の名陶 「出西窯」の器をジョイントしたコースです 。
「出西窯」は、松園から西へ車で10分程のところで、昭和20年、地元の青年5名でスタート。
柳宗悦が提唱した「民芸」の心を貫き、ほとんど地元の土を使い、
登り窯で焼く、素朴で洗練された美しさに、実用性を備えた、全国的に評価の高い陶器です。

出西焼会席コース「出雲の詩」
10,800円(2名様より/1日10名様まで) ※ご来館3日前までのご予約制

※食事のみの場合のお値段です(税込)

  • 各コース共2名様より、3日前までのご予約制とさせていただきます。
  • 料金はお食事のみ、お1人様のお値段(税・サ込)です。
  • 各コース共、松園(本館)・食事処ご利用となります。
  • ご利用時間/ご昼食11:30~14:00 ご夕食18:00~21:00
  • お子様のお食事はご相談ください。
  • 季節の地元食材を使用するため、料理写真はイメージです。
  • main
  • main

各種宴会、法要承ります。詳細はお電話にてお問い合わせください。
※会場は本館の食事処になります。

ご宴会
料理代 5,400円~(~60名様まで)
ご法要
料理代 6,480円~(~40名様まで)

※食事のみの場合のお値段です(税込)